| HOME  | 農の達人 | 庄内の山人 | 庄内の写真 | 月山高原ひまわり畑 | 

庄内の恵み屋トップ    果物    さるなし  

別 名 : コクワ

 さるなし、酸味と甘味が釣り合う美味しさ抜群、山の珍果

 さるなし(こくわ)は、マタタビ科に属する落葉性つる植物です。
 さるなしは、日本全国に自生していますが、自生数が少ないため、採取することがなかなか困難です。
 完全に熟したさるなしは、山の木の実で第一級にランクされる美味しさで、味は酸味と甘味のバランスがとれていて、とてもさわやかです。
 現在、ポピュラーとなったキウイフルーツは、さるなしの仲間のシナサルナシを品種改良したものです。
 さるなしの熟れたものは抜群に美味しく、山で一服の清涼果実として最高です。さるなしは、生食のほか果実酒にも向きます。
 さるなしの生食には完熟したものが良いのですが、山で完熟するのを待っていると獣や鳥に食害されるため、完熟のものを採取することは極めて困難です。
 
 
 
さるなし
さるなし 
※ お届けは9月中旬以降となります
 
アマゾンショップはこちら 
楽天市場はこちら
 
さ る な し の 効 能 
 さるなしは、薬用植物で「ナンソウヒコウトウ」と言います。
 ゲルマニュウム、セレンを多く含み抗酸化作用があることから、若さを保つほかガン予防に効果があるとされます。また、ビタミンCも豊富なことから白血球の働きを助け免疫力を高め、風邪やガン予防が期待されます。さらに、果糖、ベントーズ、アラビノガラクタンなどの蛋白質分解酵素を大量に含み、疲労回復、滋養強壮、整腸作用などがあるとされます。
 
さるなし生育風景   
さるなし酒 
 
 
利用の仕方
1.さるなし酒
 
さるなしを陰干しして、水気を減らしてから焼酎に漬け込みます。約3ヶ月で熟成します。後で取り出した実をジャムにすることができます。
2.さるなしのジャム
 
さるなしの一つひとつ皮をむくのは容易ではありませんが、鍋のなかでしゃもじを使ってつぶしていくと、皮が分離します。粗くつぶれたら、グラニュー糖を加え、レモン汁を絞り込み、とろ火で煮ます。仕上げに上等なブランデーを香り付けに加えればできあがりです。
  
copyright 2004~2018  庄内の恵み屋 all rights reserved